ホンムネくんニュース(古民家 七代)

honmunekun.exblog.jp
ブログトップ

ホンムネくんの庇

ホンムネくんの玄関と縁側を、雨風から守ってくれている大きな庇。
トタン葺きですが、もう何年も手入れしていませんでした。
塗装は禿げて、すっかり錆色に。

去年の春一番が吹いたとき、

バターン!バターン!

と、聞きなれない音。

「・・・?!」

急いで外に出ると、錆びたトタンが一部破れて、
強風にあおられて今にも剥がれそうに。
きゃー!
これは大変!

こんな時にいつも駆けつけてくれるのは、大工のツナくん。
剥がれそうなトタンを手早く打ちつけて、応急処置してくれました。
ついでに屋根に登って割れた瓦も取り替えたり。
なんとも心強い。
いつもありがとう!

d0192794_17485567.jpgd0192794_1749449.jpg
















赤い雨どいがついているのが庇

----------

そして今年。

応急処置したトタンは、錆がひどくていつ雨漏りしてもおかしくない状況。
本当ならトタンを葺き替えたいところ。
でも下地もかなり傷んでいる…。

トタンだけでも20~30万はかかるとのこと。
下地から直すことになると、一体いくらかかるのか?
まったく予算が足りません。(悲)

とは言っても、時間がたてばたつほど手遅れに。

「とりあえず、梅雨の前に塗装しよう!」
とツナ君からの提案。
目標はとりあえず現状維持です。

----------

塗料はコールタール。
においがキツイしバリバリ石油由来ですが、
超低予算で応急処置したい今回、ありがたい味方です。

真っ黒でべたべたのコールタールは、
服や肌に付くと、とにかく落ちない。
匂いで頭もクラクラしてくるし、けっこう過酷な作業になる。
道具も作業着も手袋も、使い捨てるつもりで。
などなど、プロのツナ君からのアドバイス。

今回は道具もいるのでなるべく少人数で。
3~4人がかりで短時間でやっちゃおう!
という作戦に。

さて、この過酷な作業に名乗りを上げてくれたのは…?

(つづく)
[PR]
by honmunekun | 2014-03-27 18:26 | ホンムネくん再生物語