ホンムネくんニュース(古民家 七代)

honmunekun.exblog.jp
ブログトップ

こんにゃく♪

不定期だけれど、
恒例になりつつあってうれしい、
みちこさん(ホンムネくん管理人永子ちゃんのお母さん)の講座。

この日は、こんにゃく作りでした。
わたしはいつも張り切って受講するくせに、またまた遅刻。
ごめんなさい。

先生と永子ちゃんが先に、
大きなこんにゃく芋を洗って、
刺激の強い芽を丁寧に取り除く作業をしていました。

それにしても、
こんにゃく芋って、1年ではまだ小さくて、
3~4年かけて育てたものを使うんですよ。

しかも冬の間は掘り出して(寒くて凍っちゃうから?)保存して、
春になったらまた埋めて・・・。

いよいよ食べる、となっても、
すりおろしたり、鍋をかきまぜ続けたり、
2時間くらい茹でたり・・・の手間をかけるんだから、
こんにゃくって本当はすごく贅沢な食べ物なんだね。

経験と勘から、いろんなことをたくさん知っているみちこ教授なのに、
ちっとも先生ぶらない楽しいみちこ節が、毎回の楽しみでもあります。

わいわいやっているうちに、
プルンプルンでホッカホカのこんにゃくの完成。

最初は、姿も青臭い香りも、これがコンニャクになるの?
という様子なのに、行程を経るうちに、
どんどんコンニャクらしくなっていくのもおもしろかった。

ただ!そこらへんで売っているコンニャクとは、
やっぱり、ひと味もふた味も違う!

本当に美味しい♪
こんにゃくって、こんなに美味しいものなんだ~ってしみじみ。

早苗ちゃん母子や、もえちゃん母子、大ちゃん、阿部ちゃんたちも
集まってお昼ごはんにコンニャクを堪能しました。

ふだんお金で簡単に手に入ってしまうものが、
本当はどうやって出来ているのか、とか、
元々はどうやって作られるものなのか、とか、
そういうことを体験し直して、

昔の人の知恵や努力に感動したり、
今の時代の便利さにも感謝したりできることって、
現代人の特権だね。

漬け物やお餅つきから始まった、みち子教授の講座、
もっといろいろ受講したい。

いつもたいてい急に招集がかかるので、
受けたい方はアンテナを張っておいたほうがいいですよ。

だって自然の中のお仕事って、旬(瞬)のものだもんね。

d0192794_11131099.jpg
d0192794_11132364.jpg
d0192794_1113375.jpg



:::みそ部員:::
[PR]
by honmunekun | 2012-03-10 11:32 | ホンムネくんの台所