ホンムネくんニュース(古民家 七代)

honmunekun.exblog.jp
ブログトップ

ホンムネくんで味噌仕込み

新入部員のよもです。
去年からホンムネくんに出入りさせてもらっていましたが、ついに2月末、味噌仕込みデビューしました!
これで正式なみそ部員かな。
というわけで、味噌仕込みレポートをお送りします。

・・・・

「味噌仕込みは午後からだけど、よかったら持ちよりご飯しよう」というお誘いで、11時に集まって、一品持ち寄りのお昼ごはんからスタート。
ホンムネくん味噌で作った味噌汁や、五目煮、まぜごはんなどでおいしい腹ごしらえがすんだら、いよいよ仕込み開始です。

えいこ部長が、午前のうちに約4時間かけて大鍋で大豆を煮ておいてくれました。
d0192794_6225142.jpg

でっかい鍋ですね〜
自宅の果樹園の剪定枝をつかって火を炊いています。
一番力が入らない、親指と小指で大豆をつまんで「ぷにゅっ」と軽くつぶれるようになったら、茹で上がり。
このゆで豆の試食もおいしかった。

次は、茹でた大豆をミンチにします。
ガチャ、ガチャ、と鉄の機械を組み立てて・・
上から大豆を入れて、ハンドルをくるくる回すと。ミンチになって出てきます!
d0192794_6223569.jpg

d0192794_64842.jpg


昔、自宅ですり鉢とすりこぎ、ビール瓶の底をつかってすりつぶしたことがあるんですが、それより何十倍も楽です。今回は40kgの味噌を仕込んだんですが、この機械がなければ無理でしょう。
電気や燃料も使わず、人力でハンドルを回せばよいというミンチ機械、個人的にはかなり感動しました。「非電化」大豆ミンチ機です。
世の中、こういう「人力を最大限に効率良く活用する機械」のスピードに合わせて暮らしたら、そこそこ便利で、しかしせかせかしない、豊かな暮らしができるのではと思います。

うちの4才児も、「ぼく回すよ!」とがんばりました。
腰が入って、決まってるね〜!
d0192794_622214.jpg


ミンチしたら、麹と塩を混ぜあわせ、そこに大豆ミンチを入れて、大豆と麹の玉を作ります。その玉を味噌樽に空気を抜くように「バシン、バシン」と投げ込んで、仕込み完了。
ミンチを混ぜあわせる時に、けっこうボロボロと材料がこぼ落ちて床が汚れるので、お掃除も忘れずに。

仕込みが終わると、ちょうどお茶の時間です。
部長のお母さん手作りの干し芋や、名産の干し柿をいただきながら、話も弾んでいつの間にやらすっかり夕方までくつろがせてもらいました。

ホンムネくんという古民家での味噌込みは、味噌を仕込むだけじゃなくて、懐かしいゆったりした時間を過ごすことができます。
長い時間を経てきた場所で、微生物の力を借りたタイムカプセルを作るような作業。慌てることは何もなく、集まった人が心と力を合わせる作業は、幸せな時間になりました。
次の冬の、味噌開きが楽しみです。

3月も味噌仕込みを募集中ですよ〜!
[PR]
by honmunekun | 2012-03-05 06:49 | みそ部