ホンムネくんニュース(古民家 七代)

honmunekun.exblog.jp
ブログトップ

夕涼みより

yasueです。

夕涼みの写真を眺めながら、
あれこれ思い出しては幸せな気持ちにひたっています。

その日、わたしはカフェ出店していました。
でも、ほぼセルフにしていたので好きな場所でのんびり。

いっとき、和室でのひのちゃんのお茶や所作、萌ちゃんの本当に美味しい和菓子には、
本当に心洗われました。

夕暮れ時。
忘れ物を取りにいったん家に帰り、ホンムネくんへ戻ってきてみると、

いつの間にこんなにたくさんの人たちが集まったんだろう、
お座敷や、縁側、お庭に、老いも若きもぎっしり入り交じって、話したり遊んだり、
それぞれがその時間を楽しんでいました。

そのシーンが、まるで映画を見ているみたいにグーンと胸に飛び込んできて、
なんだか胸が熱くなってしまいました。

本当に本当にいいお家になったね。

みんなの中へ入ってみると、
こんなにたくさんの人たちがいるのに、知っている顔とその家族ばかり。
この人も、あの人も、
あのときこんなふうに手を貸してくれたり、気持ちをかけてくれたりした、
ホンムネくんにとっては、本当に家族みたいな人たち。

ホンムネくん、という160歳の古民家があるおかげで、
そこを守っていきたいという永子ちゃんの想いがあるおかげで、
悩みだと思っていた大きな課題が、こんな時間を編み上げたんだね。

ひととひとが、つながって絡み合って、
いろんなバランスをとりながらなにかをしていくことが、
こんなにも楽しかったり、こんなにも幸せなことになるなんて、
わたしはもしかしたら初めて体験したような気がします。

こんな場所にいられて幸せだなー、って心から思いました。
そんなふうに思える自分に、みんながしてくれたことにも、
 すごく感謝の気持ちがわきました。



ホンムネくんは、実は、シロアリ駆除が終わってめでたしめでたし、
というわけではなく、
これから、雨戸井のことや屋根瓦のこと、などなど、
これからもおつきあいしていくテーマが満載。

それがどんどん人を動かし気持ちを動かしていく、循環型なんだね。

なので、あー終わっちゃった、寂しい、っていう感じがないのがいい。
これからがますます楽しみです。



このホンムネくんで夕涼みのイベントは、
とくにぎっしり予定を詰めることなく、ゆったりと始まったのに、

浴衣を着たり(わたしは着せてもらったんでした)、
ホンムネくんにまつわるあちこちをお散歩したり、
竹を切り出してくるところから流しそうめんをしたり、
花火をしたり。
もちろんホンムネくんにまつわる永子トークもあり。

とってもとっても楽しい時間でした。

夜、みんなが持ち寄ってくれたお料理もどれもすごく美味しかったな。

流しそうめんは初体験だったけれど、
右利きなんだったら竹の左側に立たなきゃ、とか、
つゆは最初にお椀に入れて、とか
そうめんの途中でブルーベリーがゴロゴロ流れてきたり、とか?
あれこれあるんだね、あー、楽しかった。

てるさんの写真も楽しみにしています。
[PR]
by honmunekun | 2011-07-29 23:43 | 季節のホンムネくん