ホンムネくんニュース(古民家 七代)

honmunekun.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ホンムネくん骨組み調査デー

永子レポーターです。
2月のレポート第4弾。
久々にノリノリで書いてます。

*****

●ホンムネくん探検!屋根裏への巻

ホンムネくん仲間・てるさんは岡谷の建築士さん。

「ホンムネくんを10年、20年のスパンで考えるときにきっと役立つから」
と、ホンムネくんの現在の姿を図面に記録することを提案してくれました。

前回の間取り図に続いて、
今回は梁や柱の構造がわかるようにと、

カナバカリ図 ←?(あまりわかってない私)

の作成をしてくれることになりました。
これは建物をタテ方向の断面図で記録するものだそう。

***

今回はホンムネくんの棟梁ツナ君と、
師匠のY松さんも参加してくれて、
3人のプロのもと、贅沢な調査ができました。

素人ではなかなか見えてこない視点で
ホンムネくんを建てたときの工夫、
大工さんの試行錯誤を教えてもらいました。

梁組みを眺めては「こうきたかー」とか言って、
プロの皆さんも楽しそうでした。

***

この家に生まれ育った私ですが、
屋根裏に入るのは初めて。

太い梁の上で、梁の太さ間隔を記録しながら
ライトに照られるホンムネくんの骨組み。

ものすごい荷重を受け止め続けている頼もしい柱や梁。
曲がった材も上手に使いこなし、
かえって力をうまく分散させる大工さんの知恵。

かっこいい!
いつかこの骨組みが見えるように、天井を剥がしたいな~。

***

今回の大発見!

「板図」

というものらしい。
屋根裏からツナ君が発見。

30センチ位のの正方形の板で、
ほとんど煤で見えないけれど、
よーく見るとホンムネくんの図面らしい。

「昔の大工さん達はこれ一枚を見て家を建てたんだ」
とY松さん。

建物をマス目に区切って、
「いろはに…」
「一二三四…」
と縦と横に記号を振ってあるのがかろうじてわかる。
黒丸は柱の位置かな?

これを江戸末期の大工さん達が触ったんだ。
写真撮ったけれど、パソコンの調子が悪くて載せられないよ~

ぜひ一度、見に来てください。

***

てるさんは穏やかな人柄の情熱家。

学生時代から日本各地を回って、
まちづくりや建築の世界にとても惹かれたそう。

その土地の風土に合った町並みや建築を残したい。
人の営み、息遣いが感じられる町がとても好きだそう。

「伊那谷の農村には本棟造りの家がとても似合う。
こうしてホンムネくんに人が集まって、いい時間を過ごして、
小さくてもそこから何かが生まれることが
結果的にまちづくりにつながるんだと思う。」

私がずっと思い描いていて、
まだちゃんと言葉にできないイメージ。
てるさんがそんな風に言ってくれました。

***

そんなてるさんがお勧めの映画は、
「男はつらいよ」シリーズ(笑)

最初「えー、なぜ寅さん?!」
と思ったけれど、

「山田洋二監督は色んな土地の風土や人の営みを切り取ったシーンを必ず入れているんだよ」
と言われてぜひ観たくなりました。


てるさん、
今度ホンムネくんで「しゃべり場」やりませんか?
みんなで寅さん観ながら語りたいな♪

***

うー、目が疲れた。
今日はこの辺で。
[PR]
by honmunekun | 2011-02-28 17:27 | 季節のホンムネくん

笑いヨガにハマる

永子レポーターです。
2月のできごとのつづき。

*****

●笑いヨガにハマるの巻

かなり運動不足な私。でも運動は苦手。
さらに気分の浮き沈みも激しい私。

一人でこつこつやるのはいつも続かないし、
整体に通うのもお財布が厳しい。

うーん。

何か自分に合う、心身の健康法みたいなものがないかな?
と探していました。

そんな時にたまたま誘われて参加した笑いヨガ。

いいという噂は聞いていたけど、
「一芸でもやらされるんじゃないか?」
とか、勝手な妄想でいまいち気乗りしなかった私。

一度やってみたら、すっかりハマってしまった!

今まで3回ホンムネくんを会場にやってもらったけれど、
なぜか毎回、私の気分はかなり沈んでいた日。

1時間半みんなでいっぱい笑って、頭がスッキリ。
体と心が軽くなって、
「何を悩んでいたんだっけ?」
と思うほど。
笑うってすごいなー。

始めは作り笑いなのに。
どんどん笑いが連鎖して、意味もなくおかしくなって。
みんな子供みたいにおバカになっていく。
終わりの方では、いつも笑いが止まらなくなっちゃう。

そして笑いヨガをやってくれる栄美さんが本当に楽しそうで、
いいエネルギーをもらってます。


どうやら私は左脳タイプで、考えすぎらしい。
ふだんおバカなことやってないんだなー。
もっと能天気でいいのかな。

月に一回、この気持ちを思い出すだけでも
人生変わるかもしれない。
心と体のリセットに、毎月やっていきたいことの一つです。

*****

またつづく
[PR]
by honmunekun | 2011-02-28 16:14 | 季節のホンムネくん

スープコンテスト出場☆

2月のレポートの続き

*****

●スープコンテスト出場の巻

ホンムネくん仲間・むっちゃんがチラシを持ってきたのが始まり。

お友人のお店で特産品の雑穀を使ったスープコンテストがあり、

賞金なんと2万円!!

「ホンムネくんの再生資金になるね。参加しちゃう?」
と盛り上がり、

とりあえず試作をして応募したところ、
なんと3品が予選通過☆

「すごーい!」
…でも大喜びはつかの間。

コンテスト会場は東信の小諸市。
完成したスープをそれぞれ3リットルずつ運ばなくては出場できない…。
そしてメンバーはみんな多忙な日。
誰か作れるのか?
残念だけど出場できそうにないなー、と一瞬思ったけれど、

「私が小諸まで運びます」
とむっちゃん。

この言葉にみんなのやる気に火がついて、
「じゃあ前日までにレシピと材料を届けるね」
「ここまでなら仕込みできるよ」
と素晴らしい連携プレーでスープ3種が完成!

気分はミッションイン・ポッシブル。
朝からスープを大量に作りながら、
ここまでやっている自分達がおかしくて、
むっちゃんと2人で笑いました。

前日から大雪の日だったけれど、
北信育ちのむっちゃんは「大丈夫ですよ~」と出発。
現地では上田と佐久のお友達まで手伝いに来てくれたそう。


結果は、残念ながら入賞ならず。

でも粟やえごまの美味しさを知ったこと。
みんなの気持ちがキュッと集まって、
できそうになかったことができちゃったこと。
すがすがしい気分でした。

むっちゃん、みんな楽しかったね!
ありがとう。


P.S.
靖恵ちゃん、むっちゃんへ
せっかくだから、レシピの紹介できるかな?
写真付きでぜひおねがい♪

*****

つづく
[PR]
by honmunekun | 2011-02-28 15:50 | 季節のホンムネくん

2月の終わりに

永子です。
気がつけばもう2月が終わり。

今月は色々あったな~。
ちょっと振り返りながら、ご報告。

*****

●竹細工教室

竹を割って編むって楽しい♪
手仕事好きな人にはとってもおすすめなこの教室。
やりたいときに、やりたい人が参加するスタイルで続いてます。

先日は私の母も初体験。
「子供の頃、小学校に行く途中で竹屋さんがかご編んでてねー」
と、手よりも口を動かしていましたが、
立派に鍋敷きが完成してご満悦♪

私は昔から、何でもかじることが好き。
自分の手でやってみるだけで、その世界の奥深さが少しわかる気がして。
竹細工も想像以上に手間のかかる作業だけれど、
ここに至るまでの知恵や工夫はお見事!
としか言いようがない。

きっと長い時代の中で、
沢山の人のちょっとした思いつきや
誰かのものすごーく練られた工夫が、
今まで続いてきているんだろうな。
その歴史から見たら、母の子供時代なんてほんのつい最近。
現代ではもう考えられないくらい、非日常になってしまったのか。

「こういう暮らしの文化を残していきたいね」
と、しみじみ。

技を伝えてくれるみなみ先生のおかげ。
そしてみんなにホンムネくんが役立てて、生かされて。
おかげさまです。


竹細工は毎月2回。
第1、第3火曜の夜7時~やることにしました。
参加費は一回ごとに2500円。

毎回3~4人で好きな作品に取り組み中。
初参加の人もいつでも歓迎です。


*****

つづく
[PR]
by honmunekun | 2011-02-28 15:09 | 季節のホンムネくん

ねこ作り教室の感想

こんにちは。みそ部員の牧野由美子(みこ)です。

2月19日(土)に、えいこさんのご厚意で私も大好きな「ホンムネくん」にて「ねこ作り教室」をさせていただきました。

靖恵さんが「ねこ作り教室」のレポートを、とても素敵に書いてくれたので私は「ねこ作り教室」の感想を書かせてもらいたいと思います。
靖恵さん、心温まるレポート、本当に嬉しかったです。ありがとうございます。

参加してくださった、えいこさん、靖恵さん、ひのちゃん、本当にありがとうございました。私自身とても楽しかったので時間があっという間でした。

そして大ちゃんの、とても美味しいパスタランチのパワーで「ねこ教室」が楽しく出来ました。またパスタを食べたいです。ありがとうございました。

「ねこ作り教室」で私が嬉しかった事は皆さんが「ねこ」が出来るまでの工程を熱心に聞いてくれて「ねこ」の良さを理解し、仕上がったとき喜んでくれたことでした。

参加してくれた皆さんから「学ぶ姿勢」を私自身が教えてもらったような気がします。私も何かを学ぶとき、皆さんの姿勢を見習いたいと思っています。

皆さんが私の説明を熱心に聞いてくれたことで私自身、工程を話すのが楽しくて、こんな経験は初めてでした。そのおかげで皆さんとの作業も本当に楽しく出来て感謝・感謝です。そして改めて「ねこ」への愛着が湧いてきました。

私は普段、一人で仕事をする事が多いのですが、皆さんと一つの物を作り上げていく楽しさ、喜びを知ることが出来て今回「ねこ作り教室」を体験させてもらって本当に良かったと感じています。

また、「ホンムネくん」が、とても居心地が良いんですよね。「ホンムネくん」で皆さんと作業が出来たことも私にとって夢のような時間でした。益々「ホンムネくん」が好きになりました。
作業をするとき「空間」も大事なんだなあと、しみじみ感じた1日でもありました。

本当に色々ありがとうございました。
これからも何らかの形で「ホンムネくん」と関わって行きたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by honmunekun | 2011-02-26 06:33 | お知らせ・お祭・イベント♪

ホンムネ企画カレンダー 3月

えいこです。

急に春めいてきて、そわそわ。
でも体は季節に付いていけず、頭がぼーっとする今日この頃です。

3月のホンムネ企画のお知らせです。
興味のある方はどなたでもご参加ください♪


1(火)19時~ 竹細工教室 

5(土)13時半~夕方 味噌仕込み会(みそ部企画) 

6(日)10時~お昼 笑いヨガ教室
 
13(日)10時~夕方 オーガニック味噌仕込み会(てくてく企画) 

15(火)19時~ 竹細工教室   

27(日)15時~ 萌スイーツでお茶会


お問い合わせは
eyon@cek.ne.jp
米山永子まで。
[PR]
by honmunekun | 2011-02-25 16:05 | お知らせ・お祭・イベント♪

ねこ作り。

d0192794_11404781.jpg

d0192794_11403391.jpg


19日土曜日は、
ホンムネくんにて「ねこ」作りでした。

先生は、みそ部員のみこさん。
和裁のプロです。

「ねこ」とは、袖のない背中だけの半天のようなもの。
木曽のほうを中心に昔から使われているものだそう。

最近は、その使い心地のよさから、
ジワジワと人気が出ているそうです。

たすきに手を通して「ねこを背負う」と、
肩や腕は自由なので、家事など作業のジャマをしないし、
上からもう一枚羽織れば、背中がポッカポカ、隠れ猫。

わたしも、ずっと欲しかった1枚。

1行程ずつ教わっていくと、
シンプルな形の中に、
たくさんの知恵と経験が織り込まれいることがわかって、
またまた、想像以上のモノガタリを体験できました。

自分でやってみる、ってすごいことです。

憧れのねこを、自分で手作りできて本当に感激。

ふわふわな綿もとっても気持ちよかったし、
おしゃべりしながら、ひたすらチクチク縫うのも楽しかった。

ホンムネくんと、こんな和裁の風景はとってもよく合います。
ホンムネ印のねこも縫っちゃう?なんて盛り上がりました。


春はそこまで来ているけれど、
きっと忘れたころにふっと戻ってくる寒さ。

せっかくのねこを、もうしばらく背負っていたいから、
まだちょっと寒くてもいいかな、なんて。

d0192794_11412825.jpg
d0192794_11413919.jpg

d0192794_1155404.jpg

[PR]
by honmunekun | 2011-02-23 12:02 | お知らせ・お祭・イベント♪

玄米キッシュ

カメラの中のデータを整理していたら、
こんな1枚が出てきました。

あまりにもカッコ良くて、美味しそうで、
写真を撮らせてもらってたんでした。

ホンムネクンでの集まりに持ってきてくれた、
むっちゃんのおやつ、玄米キッシュ。

器は、小池千恵さんの耐熱皿だそう。

米粉とお豆腐のクリームも、
根菜を混ぜ込んだ玄米も、
全粒粉のタルト生地も、ぜんぶぜんぶ、
本当に!美味しかった。

ホンムネくんに集まれば、美味しいものが食べられる。

そんな風のうわさ有り。

d0192794_19534096.jpg

[PR]
by honmunekun | 2011-02-18 19:58 | ホンムネくんの台所

竹細工教室

d0192794_17271748.jpg


2月15日夜。
ホンムネくんにて竹細工教室でした。

作業は、それぞれの進度や、作っているものに合わせて、
みんなバラバラ。

なので、わたしもやってみたいけれど初めてで・・・と、
迷われている方も大丈夫ですよ。

それを、それぞれに教えてくれる瑞波先生もスゴイ。

ややこしくても、失敗しても、
朗らかでかわいい笑い声を響かせてくれる先生に癒されながら、

続々とみんなの作品が完成しつつあります。

その日、仕事で疲れていても、
ここへ来て竹を編み終えると、
やったー!やっぱり来て良かったー!という達成感があるんです。

わたしもしっかりハマッています。

市販されている竹のカゴが、
どれだけ安かろうが、中国製だろうが、ベトナム製だろうが、
こんなにも手間をかけられているのかと思うと、
これっぽっちもバカにになんてできません。

そして、日本の竹を使って、日本人の職人さんが、
丁寧に美しく仕上げた作品の価値が、
ほんのちょっぴりずつ分かりはじめてきました。

なんでも自分でやってみるって、世界が広がりますね。

さて、わたしも次回完成予定。
その次はなにを作ろうかな。

d0192794_17273190.jpg


自分で山から切ってきた竹で、ひごを作り、それを編み始めた人もいます。
竹は、今が切り時。
青がとってもきれいです。 



yasue
[PR]
by honmunekun | 2011-02-16 17:39 | お知らせ・お祭・イベント♪

「バレンタインお茶会」中止のお知らせ

こんにちは。
工藤萌です。

明日2月14日にバレンタインのお茶会を企画していましたが、
急遽中止させていただきます。

火曜日から、感染性大腸炎にかかってしまった人の看病をしていました。
もし、私も感染していたら私のお菓子を食べた方も感染してしまう可能性があります。
念のため、今回は中止したいと思います。

勝手で申し訳ありません。
来月以降に、このお茶会をまた企画したいと思っています。
また、ぜひお申し込み下さい。
[PR]
by honmunekun | 2011-02-12 21:31 | お知らせ・お祭・イベント♪